エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                                    Slide  VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                                        スライド

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Stall 


スライドとは、風上でストールさせて正立させたスポーツカイトをそのままの正立姿勢をキープさせたまま、風下へサイドスライドさせる技です。
風上とはウィンドエッジで、風下とはウインドセンターです。うまく流せれば、勢いでウインドセンターを通り越し、その反対まで行き、押し戻されてくるような曲芸まがいのことが出来ます。

スライドはそんなにやる技ではないのでカイトの性能としての良否にはならない部分ですが、確かにスライドしやすいスポーツカイトと、し難いスポーツカイトがあります。スライドし易いスポーツカイトはセイル・サイズの大きいスポーツカイトで、ラフトは深く、曳きが強めのもの。(ウィスカーの長いものはラフトが深いです。)こういうスポーツカイトは風を長く溜めやすい。その逆で、小型のスポーツカイトや曳きが弱めで敏感なブライドル設定のスポーツカイトはサイドスライドをキープしにくい。チーム用のスポーツカイトのような安定性重視で、あまり敏感でないスポーツカイトの方が、練習しやすいと思います。

スライドの成功率を決めるポイントは一つです。
@まず、スポーツカイトを上空に揚げ、ウインドエッジに沿って大きく回りながら降下し、高度2〜3mで、一気にストールして正立状態にしますが、正立のストールに入る直前にちょっと加速して勢いを付けます。(重量のある大型のスポーツカイトの場合は加速しなくても勢いで自然と早くなる。)

Aストールして正立させるには、エッジでノーズを下から上に(外から内に)向けますが、そのとき、当然ながら下から上への回転が掛かります。(左端ならば半時計回りに)その時にノーズが進行方向にちょっと傾いたくらいで軌道に入れば成功します。軌道を横に流れながら垂直に直ってゆくからです。もし、ほんの少しでもノーズが△の頂点を越えて行過ぎていたりすると、反対方向へどんどん傾きやすい。これを一発で決められるかどうかが成功か不成功かの分かれ道です。一発で決まれば100%成功します。

Bノーズが行き過ぎて傾いているのを修正しながら流すことは出来ますが、フルサイズで遅いスポーツカイト以外は、修正は非常に難しいです。とにかく一発で決めるほかありません。Madクラスかそれ以下のサイズでは修正はラインを2cm動かすくらいなので、とても困難でしょう。とにかく一発で角度を決めてしまうことです。また、ある程度風が吹いていないと流れません。

 (文 / 飛行 エスク・中野&朝倉   Videoのスポーツカイトは”Mad-X-UL&Std”)

ページの先頭