エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                                 2000  VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)..
                                   ケイ2000
                   

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 


K2000は、わざとやるトリックというよりも、リカバリーとしてならば、頻繁に利用するトリックです。
何らかの失敗などでスポーツカイトが墜落した際、アタマを手前にして、うつ伏せになって地面にいる状態になると、通常はもう飛び上がれません。
しかし、フライトラインがカイトの下側ではなく、上側を通ってフライヤーに繋がっている場合は、リラウンチできます。

左右どちらかのラインを引っ張り、カイトを斜めに起こします。
そうすると、引っ張った方のリーディングエッジ全体は地面に付けた状態ですが、その逆側のリーディングエッジは空に向かって立っている筈です。
このカタチになっていれば、地面に接している側のラインだけを強めに引っ張ります。引っ張らない方の手は少し前に出します。
カイトは引っ張られた方向にその場で1回転し、正立します。
空中で正立すれば、そのまま降ろすことなく、上昇させてください。

墜落した場合でなくても、カイトのノーズを風上に向けてうつ伏せに地面においていると、勝手に飛び上がらないので、休憩中にそうしておいて、後でK2000を使ってラウンチする。このようなことはよくやります。

カイトの下側をラインが通過してうつ伏せになると飛び上がれない。と書きましたが、地面が浜の砂地あるいは草地の場合は、若干の突起でカイトのノーズを浮かせるやり方でラウンチする方法があります。この技をデッド・ラウンチと言います。しかし、これをやるとカイトのセイルの寿命を大幅に縮める元になり、リーディングテープの中まで砂だらけになるので、お薦め致しません。カイトが起きない場合は、横着をせずカイトのそばまで行って、起こして使ってください。

 
(文 / 飛行= 中野   Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭