エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                     BacspinCascade VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                     バックスピンカスケード

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 単独のBackspin


バックスピン・カスケードは派手なトリックなので、是非、習得されることをお薦め致します。右手、左手のどちらでもバックスピンが既にできることが前提です。まず、確実なバックスピンができるように練習してください。
ここではバックスピンのやりかたは書きません。(BackSpinのページ参照)

まず、アクセルからフェードに入れます。
フェードで一端止めてから、おもむろにバックスピンを回す手もありますが、カッコよくやるには、フェードから切れ目無くバックスピンに入ってしまうのがベストでしょう。
例えば、最初に右手でバックスピンを回したならば、続けて左手のバックスピンに切り替えなければなりません。(1回交互でも数回交互でも同じ。)
問題はこの左右の切り替えのタイミングです。
この切り替えのとき、カイトがフェードから起きてしまう。あるいは、バックスピン自体が崩れてしまう、などの問題が出やすいのです。

特に切り替えのときにバックスピンの回転が止まってしまうと、反転は難しくなります。出来るだけ回転を止めず、反転させる必要があります。
回転しているカイトは慣性の法則で同じ方向に回り続けようとします。それを逆回転にさせるには、カイトのフェード姿勢が左右に傾いていない位置で逆回転させます。ただし、その位置を前もって見越して、手を動かさないと、目で見て行動すると遅れてしまうのです。動きを見越さねばなりません。

また、バックスピンの最中、風速に押されているならば、1歩1歩前に出ながら回します。そうしないとカイトが起きて離脱してしまいます。また、風速が少し足りないと思われるならば、1歩ずつ下がりながら回します。
この風量と足を使って前後に動く関係はカスケードのときと同様です。
このように書けば、難しそうに思われるかも知れませんが、やっていると体がその感覚を覚えてくれます。体が覚えてしまうと決して難しくありません。真っ暗で、ボーッとしか見えていなくても、手ごたえと勘で反転位置を正しく掴めるほどになりますから。


 
(文 / 飛行 =中野   Videoのスポーツカイトは”Shooter”と"Britz-Std" )

ページの先頭