エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                                Cynique   VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                            
シニック               

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Lazy Suzan / Multi-Lazy


シニックをするにはセイルが大きくて軽いスポーツカイトがやり易いです。
添付ビデオはMad-Xで行っていますが、このサイズよりも大きいカイトの方が練習にはいいでしょう。Std仕様の小型のカイトではかなり困難です。

シニックはレイジースーザンを交互にやっているように見えますが、実際にはそうではありません。回りきる手前で反転させる行為は、マルチレージーなどに慣れ切っていると、脳が手続き記憶を発揮し過ぎて反応を阻害します。それを振り切り、一端、アタマの中を白紙にして、見越しで反転させることがコツです。
また、カイトが軽いと(また大きいと)回転速度が遅いので、フライヤーの反応も間に合います。回転を遅く出来ないカイトでは難しいです。

反転させる際、カイトが起きやすいので、できるだけノーズをしっかりと、突っ込まなければなりません。オーバーに言えば、逆立ちになりそうなくらいの感じです。ブライドルの設定は普通で構いませんが、ノーズ側をショートにして使うのが好きなフライヤーのカイトでは出来ないかも知れません。







 
 (文=中野 / 飛行 =朝倉   Videoのスポーツカイトは”Mad-X-UL” )

ページの先頭
=