エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                           Yoyo-Takeoff  VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                         ヨーヨーテイクオフ
                                                                                    

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Yoyo−Lewis / Flapjack


ヨーヨーテイクオフの技とは、地上に正立状態で置かれたスポーツカイトを、ノーマルにラウンチさせず、地上から離れたか離れないくらいの超低空、つまり、ラウンチの瞬間に合わせてルイスで後転させ、ヨーヨーに入れ、そのまま上昇させる技です。ヨーヨーの巻き戻しはどの高度で行っても構いません。

地上に置かれた正立状態のカイトは、風圧によって、ちょっと引くだけでもラウンチしますので、ヨーヨーテイクオフを行うには、風が弱めのときか、あるいは、少しウインドエッジの近くで(左右のライン長差を考慮して)行ってください。

正面にカイトが置かれた状態で説明します。
両手のラインをゆっくりと少し引っ張って、カイトが今にも前に倒れてしまいそうな状態にします。そのままにしているとカイトは前にバッタンと倒れてしまうでしょう。そのような状態を意識的に作ります。
カイトが前に倒れてしまわないうちに、素早く両手を前に出してルイスのヨーヨーを行います。(ルイスの仕方はルイスのページ参照。)

スポーツカイトが弱い風圧に逆らいながら重力によって前に倒れようとしているとき、カイトをチョッとラウンチさせると、その運動の反対の力がかかるので、カイトは後ろに倒れます。、フェイントです。
この原理を利用して、力強く、しかも素早く、カイトを押し込めば、後へ宙返りしてヨーヨーになります。もし、力が足りないとバックフリップ位置で止まってしまいます。手首に力の溜めを作り、瞬間的にしっかりと力を放出してください。合わせて必要な分量のラインを送り出すのも忘れないように。
左右の手のパワーが均一であれば、一瞬でヨーヨーに入ります。
一端地面から離れてそのまま離陸するのでTakeoffと言うのでしょうが、実際はLaunchですね。
セイルにラインを巻いたままでもグルグル飛べますが、慣れないとふらつき易いので、早めに巻き戻しした方がいいでしょう。



 
 (文 / 飛行 = 中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭