エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
             Spike    VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                             スパイク

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Stall / StallLanding


スパイクはカッコいい技ですが、セイルの大きいスポーツカイトほどやり易く、セイルの小さいスポーツカイトほどやり難いので、できれば大き目のカイトを使って練習してください。
一発でセイルから風を抜いてしまうので、風速は高めでも問題ありません。ツーポイントランディングができるならば早道です。

降下から接地まではツーポイントランディングと同じです。接地直前に片足だけのランディングに切り替えるだけです。

ツーポイントランディングは両脚を付けるので左右のバランスはあまり考えませんが、スパイクは接地の際の角度が重要になります。
接地した瞬間、リーディングエッジは地面に対し、直角になることが好ましいです。その理由のひとつは斜めに落とすと、リーディングエッジ下側のロッド、あるいは上下の接続点(フェルールの根元)で、バキッとロッドを折ってしまう可能性が高くなります。ロッドの種類にもよりますが、限界点を越えて大きくたわむとカーボンであってもロッドは折れます。
接地後には、カイトが左右に傾いてロッドが曲がっても大丈夫ですが、接地の瞬間には、かなりな衝撃をロッドに与えます。

着地は前から見ていると垂直に立っているように見えますが、実は降りると同時に、カイトは50度くらい後ろにそっくり返るように降りています。
カイトには片翼当り3本のブライドルがついています。その3本のブライドルがカイトの着地姿勢を保つために重要な役割をしています。
1本足で立つには、その3本が機能して突っ張り、後ろにも傾いている必要があります。後傾した上にブライドルが機能しておれば、ランディング後にワザと傾けてもカイトは倒れません。

後ろに傾けない場合は、一時的な接地でスグにラウンチしないと倒れます。最初の練習はちょこっと接地(タッチ)するだけの、タッチアンドゴーで練習してください。
UL仕様でも問題なくスパイクできますが、初心者の練習ではロッド折損を覚悟しなくてはなりません。自分では折れないように降ろしたつもりでも折ることは多いです。この区別が付くまではStd仕様で練習してください。


 (文 / 飛行 = 中野  Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” と"Britz-Std")

ページの先頭