エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                      Two-point Landing VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                      ツーポイント・ランディング

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Stall / Stall Landing /


基本的な部分はStall-Landingと同じですので、まずはそちらのページをご参照ください。ここでは、Stall-Landingとの違いの部分だけを書きます。

ストールランディングでもウインドセンターに降ろすと成功率が激減するフライヤーがいます。それは日頃から、ランディングは風の弱い位置に降ろすものと考え、ウィンドエッジにしか降ろしていないためにスキルが上達していないためです。できるだけ、スポーツカイトのセイルに風がはらむ位置に降ろすように日頃から練習をすることも大事なことでしょう。

しかし、風速5m以上になるとストールランディングでウインドセンターに降ろすことは並大抵ではありません。なぜならば、ストールランディングにはフレアの部分があるからです。風速が強いウィンドセンターでフレアすれば、猛烈なスピードで前に走り出て風を殺しても、中々うまく降ろせないのは当たり前でしょう。フレアを減らすには可能な限り、地面に近づいてからストールするしかありません。そうだと、猛烈なスピードになる強風下では、ランディングは反射神経勝負になります。

ツーポイント・ランディングではこのフレアの部分がゼロなので、強風下では非常に強いランディングです。強風時はツーポイント・ランディングで、中風ではストールランディングと使い分ける必要はありません。ツーポイント・ランディングができさえすれば、いつでもツーポイント・ランディングでいいと思います。

ツーポイント・ランディングはその英訳からスポーツカイトの両翼端が同時に地面に接するランディングと思われているフシがあります。意味はその通りですが、ツーポイント・ランディングは名称として使われており、ツーポイント・ランディング以外の、例えば、イーグル・ランディングで両翼端を同時にピッタリとつけたとしても、それをツーポイント・ランディングとは呼びません。背中からドカンと降りてくる、フレアしない激しいランディングがツーポイント・ランディングなのです。

ツーポイント・ランディングで重要な点は、下降しているスポーツカイトのノーズは地上スレスレまで起こさないことです。フレアさせたくない以上、地面スレスレまで突っ込みます。起こす位置は地面から1.5mくらい、スポーツカイトのスパンの半分+くらいです。
この位置はスピードが速くなるほど、目視して行動しても間に合わない位置なので、(よっぽど反射神経がないと)感を育てるしかありません。

ランディングの際の両手はサイドで行います。普通のフライヤーを見ると両手を前にしてランディングされていますが、手が前にあって、ツーポイント・ランディングができる筈がありません。両手のラインを思い切り引っ張って急降下し、着地の瞬間は両手を一気に前に出すことを求めます。ストールも前でやるのではなく、体の後ろでやります。強いストールでスポーツカイトをデングリ返らせ、そして可能な限り速いスピードで手を前に出しつつ、スポーツカイトと自分の距離を測り、地面に接地したときはランディングの形になっていなければなりません。
これを横から見ている人は、スポーツカイトを背中から放り投げるように降ろしているように見えると思います。接地直前のスポーツカイトの姿勢はバックフリップ状態になっており、そのため正面から風を受けていないので、強風でもランディングできます。降りた瞬間、バタッと大きな音を立てるくらい強く降ろします。日常的にツーポイント・ランディングされる方は、ウィスカーのセイル部分に布テープを貼って保護されてることをお薦めします。時々擦れると磨耗が早いので。


  (文 / 飛行 = エスク・中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭