エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                               SnapLazy スナップレイジー
                                                                                     mark-Vdo60-30.jpg (26376 バイト)

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Stall / StallLanding / Spike


スナップレイジーは、ストローク一発でバックフリップさせ、同時にレイジースーザンを1回転させる、この2つを一体にした技です。この技はバックフリップの入れ方がポイントで、これさえ出来ればスグに出来るようになります。
スポーツカイトをバックフリップさせるにはいくつか方法があります。例えば、正立から強く押すだけでも容易にバックフリップするスポーツカイトがありますが、この場合、押されたスポーツカイトは下から上に浮き上がるようにバックフリップします。スナップレイジーの際のバックフリップはひねりながら入って行くので、その形は全く違います。スナップレイジーする際のバックフリップはスポーツカイトが上から下に降下しながら、あるいは水平に飛びながら、滑らかにバックフリップ(仰向けに倒れる)しなければなりません。これは強めのストールによってバックフリップさせており、押し倒しているのではありません。

スナップレイジー前提として、トリックできるように設計されたスポーツカイトで行うことです。普通のチーム用スポーツカイトでもバックフリップさせられるものはありますが、そういうものはレイジーが掛かりにくく、またバックフリップでは頭を過剰に突っ込みやすく、初心者はバックフリップから起こせません。よって、トリックするために作られ、バラストを搭載したトリック・カイトが望ましい。

ではどうすればスナップでバックフリップさせられるか。
@試しに、出来るだけ強めのストールランディングを、(出来ればスパイク・ランディングしているつもりで)高度5mくらいの空中でやってみてください。多分、スポーツカイトはその場でバッタリと後ろにデングリ返るでしょう。これで、一応、バックフリップするスポーツカイトをお持ちであることは確認できました。

Aスポーツカイトを高く上昇させ、そこから垂直降下か、70度くらいの深い角度で降下させます。風が強いと降下速度が速くなるので、風速3mくらいのあまり強くない風が練習に適しています。
50%位まで降下したところで、右手だけを強く叩くように(つまりスナップする)曳く。左手はそれほど前に出さなくてよい。叩いた瞬間に半歩前に押し出しても良い。この操作で、スポーツカイトの右翼だけが引っ張られ、左翼は引っ張られていないので強制的に仰向けになる。もし、あなたのスポーツカイトのバラスト搭載量が多いなら、この瞬間、過剰なバックフリップを起こし、そのまま頭を下に突っ込み過ぎて、勝手にヨーヨーしてしまうこともあります。もし、その傾向のあるスポーツカイトだったら、左手のラインを緩ませないで意識的に支えることで、過剰なバックフリップを押さえ、水平以上に入り込まないようにコントロールすることは可能です。

Bこの操作では、ラインの片方が支点になっているため、バックフリップと同時にスポーツカイトは3分の1くらい回転を始めています。曳いた右手を続けて引き増ししてやると、スポーツカイトはバックフリップしたまま1回転します。もし回り難いときは、半歩前に出てラインのスラック量を増やしてやれば回り易くなるでしょう。これがスナップレイジーです。レイジーとは仰向けになって横回転するレイジースーザンのことで、通常、1回転だけ回すのをレイジースーザンといい、2回転以上回すとマルチ・レイジーと、トリック用語では分けています。しかし、どちらもレイジースーザンしていることには変わりはありません。

Cスナップレイジーはバックフリップとレイジースーザンが一体のものであり、バックフリップさせたあとで、レイジースーザンを追加で回しているものではありません。一発ですべてが完了します。また、このままマルチレイジーに繋げて多回転させることは珍しくなく、入れやすくもあるので、殆どのマルチレイジーも、入り口はスナップレジーから入ることが多いです。更にスナップレイジーを左右交互に、起こしては倒し、起こしては倒し、と行うのはRollingCascadeと呼びます。

Dスナップレイジーで一回転したら、タイミングを合わせて回転から脱出して直進に戻らなければなりません。回転から脱出する際に大切なことは、左手のラインの引きです。脱出方向を見定めたなら、左手を合わせて両方同時に曳くことによって脱出できます。回転を止めるには、この場合、左手のラインが有効に作用します。

スナップレイジーが出来るようになればコンボでのランディングが可能になり、更に発展してこの技は使えます。

(Text/Video=エスク中野   VideoのカイトはMad )

ページの先頭