エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                             Stall Landing VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
             ストールランディング

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Push-turn/Stall


普通のカイト・フライヤーが特別な意識も無く、日常的に使っているランディングの殆どはストール・ランディングでしょう。ちょっと前まではランディングと言えば、「ストール・ランディング」を差していました。しかし、最近のトリック・カイト・ブームでヨーロッパでは常識的なツーポイント・ランディングを、日本でも習得したフライヤーが多くなり、ツーポイント・ランディングと(ずっと難しい技なので)分けて呼ぶことにします。

ストール・ランディングはイーグル・ランディングよりは難しい技ですが、ランディングとしては決して難しいものではありません。しっかりと掛かったストールを、地上近くの低高度でやればいいので、コツさえ飲み込めば、誰でもスグに出来るようになります。

@ストール・ランディングの成否は、すべてストールの完全性と、ストールをかける位置の高度にかかっています。よって、しっかりと強力なストールをかけることが基本なので、まずは、ストールが確実にできるように、ストールの練習をしましょう。(高度2mまで降下して来てストールし、上昇。そして再び降下して来て2mでストールする。地面に降りずに繰り返して練習するといい。)

A高く飛んでいるスポーツカイトを垂直に降下させます。降下速度は速くてもゆっくりでも構いません。高度2mくらいで力強くストールして、ノーズを上に向けます。特に風速が高い場合やウインド・センターにランディングする場合はこのプッシュはできるだけ地上に近づいて行います。(高度は低ければ低いほど良いが、低くやろうとするほど反射神経か経験のどちらかが必要。)

Bストールしてノーズが上に向いたスポーツカイトのストールの効果が消えない内に、フライヤーは両手を一杯に前に出し、風を殺し、フレアでランディングさせます。もし、高度が幾分高かったり、手の出し方が遅れてフレアの状態が長くなると、スポーツカイトは風をはらみ、再上昇しようとします。そんな場合はフライヤーは瞬時に前に走り出て、風を殺しながら降ろします。
これがドタバタしないで、一体でできると、ストール・ランディングは完成です。

地上スレスレまで垂直降下してストールをかけるのがベストですが、垂直降下の速度はいくらゆっくりでも、目には速いので、最初は地面に激突したり、ストール位置の高度が高過ぎたりして、うまくランディングできないと思います。また、なんとかいい位置でストールできても、瞬時には足が前に出ず、降ろせないこともあるでしょう。よって、最初の内は、ウインド・センターを避け、ウインド・エッジに降ろす練習をしてください。スピードはずっと遅く、楽に降ろせます。あなたの利き腕により、ウインド・エッジの右と左では容易さが違うので、やりやすい位置で練習するのがいいと思います。

何回も繰り返して練習していると、高度は感で分かるようになります。高速で垂直降下して来たスポーツカイトを2mの高度を目視して反応していて、間に合う筈がありません。これが出来るのは感で高度が読めるから、その瞬間に合わせてストールさせると、フレアは少なくて済み、ドンピシャに降りるのです。

ランディングは「何とか降ろせればそれでいい」と思うかも知れませんが、ランディングはとても大事な技だと思います。長年スポーツカイトをやっていて、殆どエキスパートと思われるフライヤーでもランディングが正しく出来ない人は多いので、ランディングこそ身を入れて練習していただきたく思います。ツーポイント・ランディングになると、もっと正確な「感」を求められますから。


 (文 / 飛行 = エスク・中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭