エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                       EagleLanding イーグルランディング
                                                                                     mark-Vdo60-30.jpg (26376 バイト)

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 Push-turn / Stall


イーグルランディングは(ノーマルランディングとも呼びますが)スポーツカイトのランディング(着陸)の中では最も容易なランディングです。これはトリックの分野ではありません。しかし、スポーツカイトを墜落させずに飛ばせるようになっても、ランディングが完全に習得できていない方のために、あらためて説明いたします。

まず、先に「お手本Video」をご覧ください。具体的にどのような動きと姿勢で着陸しているか、その具体的な形をイメージしてください。
スポーツカイトは凧なので風を動力源としています。フライヤーが立つ位置では、風は背から前に向かって吹いており、フライヤーの正面の高度50%くらいの位置には風はしっかりと当たり、そして左右それぞれと上の端に行くほどスポーツカイトに当たる風は少なくなります。これは上や端の風が少ないのではなくスポーツカイトのセイルに当たる風の角度からそうなります。
イーグルランディングは、この左右の端(ウインド・エッジといいます)ではスポーツカイトに風の当たりが弱くなることを利用して、その位置にランディングしようとするものです。右に行くか左に行くかは、右利きか左利きかで決めてください。

@3時の方向から9時の方向(左端)に向かうものとして説明します。
フライヤーはスポーツカイトを地面に対して平行(つまり水平)に飛ばすことが出来なければなりません。もし、それが困難であったならば、緩い角度で正面からウィンド・エッジに向かって高度を下げることが出来るならば、それでも構いません。左の端に向かっての飛行速度はできるだけユックリと行うようにしてください。もし、風が充分ありすぎると判断されるなら、フライヤー自身が前進しながらスピードを落とすようにしてください。左端の着陸予定ポイントに到達したときの高度は、スポーツカイトの中心線で約1.5m〜2m以下が望ましい。高度が高いとフレアで降ろすことが難しくなります。
左端に接近するにつれ、スポーツカイトのスピードはドンドン落ちている筈です。フライヤーの立ち位置から見て左10時の方向(正面が12時の方向)あたりが着陸ポイントです。着陸ポイントに達すると右手を明確に引いて、スポーツカイトのノーズを上に引き上げ、正立状態にします。このとき、右手を引くだけでなく、合わせて左手をちょっと前に出してやると、左手のラインに緩みが発生し、スポーツカイトはスムーズに上に向きを変えます。つまり、スポーツカイトの状態は「プッシュターン」によって「ストール」しています。

Aスポーツカイトが正立の姿勢を取ったなら、そのときの両方の手のラインは揃っているはずです。なぜならばそうしないとスポーツカイトはどちらかに倒れてしまうからです。ちょっと出した左手も元に戻っており、引っ張った右手も元に戻っています。ここではうまく正立を保つようにしてください。
正立の姿勢になったスポーツカイトはそのままにしていたり、両手を引いたりすると再び上昇してしまいます。特に風が3m以上ある日はそうなります。ランディングさせるためには、フライヤーは自分の足を使って、一歩前に出ます。両手で左右にグラつきやすいスポーツカイトを微調整しながら、1歩から3歩までの範囲で前に出ると、そのスポーツカイトは完全にストールされており再上昇しません。そして、そのまま下に下りてゆきます。この状態を「フレア」と呼びます。つまりスポーツカイトはバックしながら、ヘリコプターの着陸のように、地面上に軟着陸するのです。この正立したまま降りる姿が鷲の着地に似ていることから、イーグル・ランディングと呼ばれるのでしょう。(アメリカでの呼び方のようです。)

高度が低くフレアする距離が短いほどランディングは容易です。高度が高いほどフレア中にスポーツカイトが傾いたり転倒したり、フレアを保てずに上昇したりする可能性が高まり、その分だけ難しくなります。ポイントは1.5m以下の高度で正しくストールさせること。です。

イーグル・ランディングはスポーツカイトの初歩のランディングです。利点は誰でもすぐに習得できる容易さです。欠点は、降りた場所が風の当たらない場所のため、最離陸(リラウンチ)し難い点です。バランスが取れればそこからでもラウンチ(離陸)できますが、安全なラウンチのためにはスポーツカイトを正面に移動して行わねばなりません。(スペースに余裕があれば、自分自身が横に移動してスポーツカイトが正面に位置するようにすれば、問題なくリラウンチできます。)

イーグル・ランディングは早めに習得し、次には本格的なストール・ランディングを覚えるようにしましょう。ストール・ランディングはウィンドセンターへもランディングでき、スポーツカイトのそばまで行かなくても、離れたところから揚げたり降ろしたりを自由に行うことができます。また、風速が高いときや爆風でも平気で正面にランディングさせるためには、ツーポイント・ランディングを覚えてください。しかし、これはちょっと難しいので覚悟してください。



(Text/Video=エスク中野  VideoのカイトはMad )

ページの先頭