エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                             Yo-Fade  VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                ヨーフェード

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 


YO−Fadeとは上から下に向かって行うYoYoの一種ですが、下向きの普通のYoYoとは全く異なる高度なワザです。
高度50%より下だと走り出る必要性が伴うので、高度は充分にとって練習してください。また練習は曳きが強めに発生しない4mまでの風速下で、Std仕様のカイトで行います。(カイトによりULでも可能です。)カイトのブライドルはFadeできることが条件です。

まずカイトを上昇させ、上空で反転させて垂直降下させます。降下に入ると同時に手に溜め(力の)を付けておき、一瞬のうちに、腹ばい(PanCake)→引き戻した勢いで逆Yoyo1回転させる→Fade ここまでを行います。この間は2〜3秒で、
フェード状態で空中停止します。

この動作を一言づつを言葉で書けば、「押して」、「次に曳いて」と、なりますが、手の動きは手首の一瞬の激しい振り、程度の動作です。それには瞬発力が必要なために溜めが要るのです。

この動きで重要な点は、風速とカイトの種類にもよりますが、カイトを逆回転でYoYoさせる行為から、YoYoで回転するに足るだけのライン分を前に手を出して補うか、1歩前進して補う必要があります。カイトのYoYo回転に合わせて、余らず足りず、必要なだけのラインを出せればベストです。

そうすれば、前転のYoYo回転してFadeに入ったときに両手のラインは、正確に引き戻されていてFadeでピタリと停まります。もし、ラインの出し方が不足しているとYoYoが回りきらず、また、ラインの出し方が多すぎれば、グラグラと傾いたりYoYoがヨーヨーストッパーから外れたりするでしょう。
Fadeでカイトが空中停止したら、次はそこからの脱出です。脱出の方法はいくつかあります。
@カイトのノーズを向こうに回して曳いて、クルクルとYoYoから巻き戻す。
AFadeからBackspinで回して起こし、強く曳いてYoYoから巻き戻す。

Fade状態から横回転なしで、そのまま引っぱってYoYoから巻き戻そうとすると、地面に向かって急降下して激突しますので注意してください。
必ず横回転を伴って行います。
一瞬のタイミングで行う操作なので、カイトと自分の距離を常に正確に保てるフライヤーならば、低めの高度でも行えます。
練習は必ず高めの高度で行ってください。


 (文 / 飛行 = 中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭