エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                             Yo-Fade  VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                ヨーフェード

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 


YO−Fadeとは上から下に向かって行うYoyoの一種です。
高度50%より下だと走り出る必要性が伴うので、高度は充分にとって練習するほうがいいでしょう。また練習は曳きが強めに発生しない4mまでの風速下で、Std仕様のカイトで行います。カイトのブライドルはFadeできることが条件です。

まずカイトを上昇させ、上空で反転させて垂直降下させます。降下に入ると同時に手に溜め(力の)を付けておき、一瞬のうちに、腹ばい(PanCake)→引き戻した勢いでYoyo1回転させる→Fade ここまでを行います。この間は2〜3秒です。

この動作を一言づつを言葉で書けば、「押して」、「次に曳いて」と、なりますが、手の動きは手首の一瞬の激しい振り、程度の動作です。それで、瞬発力のために溜めが要るのです。

この動きで重要な点は、風速とカイトの種類にもよりますが、カイトをYoyoさせる行為から、Yoyoで回転するに足るだけのライン分を前に手を出して補うか、1歩前進して補う必要があります。カイトのYoyo回転に合わせて、余らず足りず、必要なだけのラインを出せればベストです。そうすれば、Yoyo回転してFadeに入ったときに両手のラインは、正確に引き戻されていてFadeでピタリと停まります。もし、ラインの出し方が不足しているとYoyoが回りきらず、また、ラインの出し方が多すぎれば、グラグラと傾いたりYoyoが外れたりするでしょう。
Fadeでカイトが停まったら、そこからの脱出です。脱出の方法はいくつかあります。
@カイトのノーズを向こうに回して曳いて、クルクルとYoyoから巻き戻す。
AFadeからBackspinで回して起し、強く曳いてYoyoから巻き戻す。
高度が低い場合、Fade状態のまま回転させずに引っぱってYoyoから巻き戻そうとすると地面に向かって急降下して激突しますので注意してください。
一瞬のタイミングで行う操作なので、カイトと自分の距離を常に正確に保てるフライヤーならばすぐに得られるでしょう。


 (文 / 飛行 = エスク・中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭