エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                       CrazyCopter VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)
                            クレイジーコプター 

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 新しい別個のモノ。


クレイジーコプターの名前の由来はわかりませんが、いかにもトリック技らしい名前だと思います。

正立姿勢にあるスポーツカイトのノーズを、手前に引っ張り、自分の股の下をくぐって、背後までノーズを持って行きますが、そのときカイトはアタマを向こうにして仰向けになっています。そして、横に水平回転させて元に戻し、再び正立にして技から脱出します。
横回転の回数は問いません。

この技を行う際のポイントはノーズを手前下側に倒したまま背後までもって行く操作に成功するかどうかです。
正立で上昇中のスポーツカイトのセイルは風をはらんでおり、手前には倒れ難いものです。バックフリップだと正立のまま後ろに倒すので簡単ですが、手前に倒すのは逆なので、意外と難しいものです。
しかも背後まで押し込まねばなりません。

スポーツカイトを手前に倒すために素早く両手を引っ張っても、そう簡単にノーズは下向きにはなってくれません。ではどうするか。

スポーツカイトを垂直上昇させながら、(上昇スピードは速すぎない方が練習しやすい。)両手は下に伸ばして体に脇に置き、上から下へ、パーンと手首だけで鞭打ちます。できるだけ速く強く行います。その瞬間、何が起きるかと言えば、スポーツカイトと自分を繋ぐラインが波を打ってカイトに向かいます。つまり正弦波(正弦曲線)が起き、波がカイトにバネの効果のような運動を与えます。
最初に到達した単振動はカイトのノーズを強い力で真下に引き倒します。それに合わせて次の単振動までの間はラインが緩みますので、それに合わせて素早く手を前に出し、ノーズを奥深く送り込みます。
この送り込みは浅くてもできますが、奥まで入った方が横回転させやすくなります。もし、送り込みまで成功したのに、横回転できない場合は、送り込みがまだ足りていない可能性があります。スポーツカイトの仰向け度が水平なほど、少ない力でもカイトは横に回転しやすくなるためです。

クレイージーコプターのノーズの引き込みは、引っ張るという感じではなく行ってください。慣れると少ない振動を与えても出来ますが、最初の練習では多少オーバーに行っても、感覚を掴むまではそうしてください。
脳で考えるのでなく、勘でやれるようになると、簡単にできるようになりますから。

一端、習得してしまうと、元に戻った時点から、そのままヨーヨーなどの他のトリックに繋いだり、また、正立や上昇中でなくても一瞬ラインが張ったタイミングを狙って、すかさず入れ込むこともできるようになります。

 (文 / 飛行 = エスク・中野    
            Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” と"Pulsar" "Shooter")

ページの先頭