エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                               Kombo コンボ   VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)

この練習の前に習得すべき基礎技術は

SnapLazy/MultiLazy/2PointLanding


なぜ、Komboという名前なのか知りませんが、カッコいいLandingです。 
Landing直前に、BackFlipで押し倒してLazySusanで回転させる、つまり、これがSnapLazyですが、そのタイミングて2pointLandingさせる技です。海外のTricksPartyでは自分ができるトリックだけをやればいいのではなく、必須のトリックが名指しで指定されますが、Komboはフレアして降ろしては駄目。SnapLazyと、2pointLandingが既に個別に出来ていれば、組み合わせるだけなのでスグにできるようになるでしょう。

KomboはLazySusanを回しながら、起こした瞬間に合わせてLandingします。これは風速が非常に高い状況でも、構わず降ろせますから、 使い道は多数あり、習得していればとても便利です。
地面すれすれを水平に 飛んで来てKomboで降ろす方法と、垂直に下降して来て、地面が迫ってから瞬間的にKonmoにして降ろす二通りがあります。

カイトから力強くエアを抜くことでカイトは一瞬の内に仰向けになりますが、これがSnapLazyです。SnapLazyの練習にはSpikeLandingのやり方が応用できます。空中でSpikeLandingをやるときと同じ操作をするとカイトが仰向けになることが分かるからです。ここから片方のラインを引き、もう一方のラインを前に送り出すと、カイトは仰向けのまま回転を始め、これを1セットにして行います。
LazySusanから脱出する際に、回転に合わせてカイトが正立できる位置に来たときを見越して引き起こす操作をしますが、Komboではその操作で、そのままLandingするのです。つまり、一歩前に出ながら、背中からランディングしようとしたものを、地面スレスレでで引き起こすという感じです。この操作でカイトはTwoPointで降りています。
重要なのは引き起こしをかける側の手です。反時計回りでLazyしていれば左手が引き起こしますから、左手を正確に操作しなければカイトは転んでしまいます。うまく行かない場合は殆ど、この手がいい加減になっている筈です。
また、バチッとTwoPointLandingを決めるためには、Komboはかなり低高度で行わなければなりません。地上1mくらいまで来ていきなりSnapLazyに入らないとTwoPointLandingにならず、高度が余ってフレアしてランディングしてしまいます。フレアして降りるものは正式にはKomboではありません。(フレアして降りるとは=カイトが幾分高い位置でランディング状態になり、バックしながらそろそろ降りてくるもの。
TwoPointLanding=バックして降りるのじゃなく、地上スレスレまでノーズから突っ込み、そこで1回転して、バシッとランディングで両翼端を同時に地面に付けるもの。)

これだけでバチッと決まるのがKomboです。MultiLazyさせながら降ろすなど変形もいろいろやってみてください。

 (文 / 飛行 = エスク・中野     Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std” )

ページの先頭