エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                      Multi-YoYo   VTR-Arrow100.jpg (39533 バイト)          
                 マルチ・ヨーヨー                        

この練習の前に習得すべき基礎技術は

 左右にぐらつかないLowis


Muili-YoYoとは、複数回連続してYoYoを巻く技です。通常のYoYoは左右のリーディングエッジのヨーヨーストッパーにラインを1回巻いているだけですが、それを2回3回と複数回連続して巻いてゆく Muili-YoYoでは、必ずLowisルイズ(Lowisのやり方はLowisのページをご参照ください。)のテクニックを使っています。1回巻きの通常のYoYoでは、スポーツカイトが少々傾いて回っていたり、一発でヨーヨーストッパーに入らず、カイトをゆすりながらヨーヨーストッパーへ掛けても、それでも取り敢えずはYoYoは成功です。しかし、Multi-YoYoの場合は、もし途中でスポーツカイトが傾いてしまったら、左右どちらかのYoYoストッパ−にラインを掛け損ね、そこから先は連続できなくなります。ということはYoYoに入る初段階のBackFlip操作で、既に高い精度が求められます。
2回〜3回巻きくらいはYoYoが上達すれば、それの応用でスグにできるようになるでしょう。しかし、5回巻きもの回数を確実に行うためには、スポーツカイトにヨーヨー・リングのような装備が必要です。5回以上もMuili-YoYoを行うためにはヨーヨー・リングの装備は絶対不可欠だと思います。ヨーヨーリング無しでは、相当うまい人でも5,6回巻きが限界ではないでしょうか。
とは言うものの、一時ヨーヨー・リング付きのトリックカイトが流行ったことは確かですが、現在は下火です。つまり、そんなに巻いてどうする。ということと、ヨーヨー・リングは他のトリックにはむしろ邪魔で弊害も多いからです。そもそもフライヤーのスキル重視の風潮から、補助具の使用はうまい人に敬遠されたからもあります。現在のエキスパートは補助具なしで4,5回は巻いています。現在まだヨーヨー・リング付きのカイトが販売されているかどうかは判りません。

Multi-YoYoには、やりやすい風速があります。どんな風でも出来るものではありません。つまり、カイトをピタッと止めやすい風速で、暴れもせず、ズリ落ちもしないほどほどの風速がベストです。スポーツカイトにもよりますが普通は風速2.5〜4.5mくらいでしょうか。出来れば海岸の安定した風が欲しいところですが、ガスティでなければいいでしょう。強い風は駄目です。スポーツカイトとしてはトリックバランスのいい、ちゃんと作られたカイトが望ましいところです。というのは、勢いでしかYoYoができないカイトの場合は、何回も連続したLewis には2回巻き以降、容易に反応しません。またバラストを積み過ぎでいるカイトは、通常のYoYoは勢いで強引に入るので初心者でもYoYoが出来るほどですが、勢い余ったYoYo回転だと、引き絞る位置を通り過ぎてしまいがちで、正しいコントロールが難しくなるのです。重心バランスのいいカイトは回転速度が安定しており、ゆっくりでも同じ回転速度で回ります。この点は非常に重要です。
ライン長30m〜35mくらいで、ウインドセンター50%位の高さが私にはいいですが、もう少し高いほうがやりやすいフライヤーもいるかも知れません。

スポーツカイトは正立状態でLewisから入ります。初回の Lewisはちょっと力を込めて強めに入れます。脇を締めてまっすぐきれいに後転させてください。この最初のLewisが完璧でないと連続巻きはできません。1回ごとに修正しながら連続させられるものではないのです
スポーツカイトが1回転して頭を上げて来たら、カイトに巻いたセイル上のラインの緩みを失くすため、ホンの少しラインを引き絞り気味にして(カイトはまだ少し前傾状態)スグに押します。それに合わせて1歩前に出ます。この足を使うことで、常に自分とカイトの距離はライン長に一致させているはずです。これも重要なポイントです。「押します」という言葉を使いましたが、絞った瞬間緩めて風圧をかけるということなのです。張った糸は押せるものではないのですけど。でも、感じとしては明らかに押しています。

2〜3回、正しく回って行くと、ひとつのリズムがあることに気付くと思います。同じスピードの中にも、実はカムが回るような若干のスピード変化があります。もし、途中で少しでも傾くと、もう続かなくなります。また、押し込みのリズムが狂うと止まってしまいます。これをリズミカルにロボットのように正確に繰り返すことができれば、マルチヨーヨーは可能になります。

ここまではYoYoで巻くことばかり書きましたが、実は、多く巻くほどに、解くのが非常に難しいのです。海外のビデオでも巻いているシーンが写っていても、肝心な解くところのシーンが無い!そういうものがある。これは巻き戻しは失敗?でしょう。Multi-YoYoを5回以上巻いて正立しているスポーツカイトを、力を込めて引き戻すと、クルクルと回りながらそのまま地面に向かって行き、全部巻き戻さない内にランディングしてしまうことになりかねません。それで、スポーツカイトを下向きか横向きにし、ビューンとではなく、ユックリとクルクルと巻き戻します。カイトは高度を失わず、浮いたままでユックリと回転しながら綺麗に戻ります。

ところが、Multi-YoYoでカイトに巻かれたラインは、YoYoストッパーの根っこのところで重なって巻かれており、実際問題、巻き戻しは容易ではありません。つまり、1回目からいかにキッチリと上に巻いて来たかが問われます。ラインに緩みがなく巻いてあれば綺麗に戻りますが、緩いところと締り過ぎたところが交互に入り混じっていれば、ラインが挟まって、しかも左右が同じ締りでもないので、うまく解けません。結果は半分くらい解けた状態で墜落します。これらはやった人でしかわからなことかも知れません。しかし、誰でも一端やり始めると猿のようになって止めません。

 
(文 / 飛行 = 中野    Videoのスポーツカイトは”Mad-X-Std”と"Britz-Std" )

ページの先頭