エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 初心者のための飛ばし方マニュアル


               Kite Trick 手とり足とり

    line.JPG (3093 バイト)
                               Flapjack フラップジャック                mark-Vdo60-30.jpg (26376 バイト)
      

この練習の前に習得すべき基礎技術は

BackFlip/ LazySusan


Flapjackはとても意外性のあるトリックです。ダイナミックでとてもカッコいいので、見ている人を驚かすには充分な効果があります。
Flapjackはランディングしているスポーツカイトが、一瞬、(1m位)浮き上がったかと思うと、その場でBackFripして仰向けになり、そこでLazySusanして水平に横1回転し、再度、元の位置にランディングします。その時間は僅か2秒くらいの出来事です。

Flapjackを行なうためには、風が弱めの方がイージーです。風が強い場合は、非常に難しくなり、ある風速以上になるとできません。
必要な条件としては、停止状態から揚げてすぐにBackFlipに入れることが出きることと、Lazysusanで回せることです。この2つが出来れば、タイミングさえ掴めば、すぐにできるようになるでしょう。

まず、スポーツカイトをウインドセンターにランディングさせます。風が弱い場合、ランディングしているスポーツカイトのラインをユックリと曳いて、スポーツカイトが前に倒れてくるようにします。スポーツカイトが45度くらい前傾して、自分の方へバッタリと倒れ込んでしまう前に、素早く両手を曳いてカイトを起し、そのままBackFlipに押しこみます。つまり、この動作の目的はBackFlipにあるのですが、スポーツカイトが前に倒れることがフェイントになって、容易にその場でBackFlipしてくれるのです。

この際、スポーツカイトは地上すれすれでBackFlipしますが、この時はできるだけ大きくBackFlipさせます。オーバーに言えば、スポーツカイトが後ろにひっくり返って、そのノーズが地面意接するのじゃないかと思うくらい激しくBackFlipさせます。その方がLazySusanで横回転をかけてもカイトは簡単には起き上がらないで回るからです。(最近の超高性能なスポーツカイトでは前傾させなくてもBackFlipさせられたり、後傾が少なくても回りやすいモノもありますが、通常のトリック・カイトではしっかりと後傾させてください。浅いと回り損ないます。それでも慣れてしまうと浅くても出きるようになります。)
スポーツカイトがBackFlipすると、BackFlipして静止してしまう前に間髪を入れずLazySusanで横回転をさせます。この回転はしっかりと力強く回す必要があります。思い切り回さないと回り切れません。

スポーツカイトが1回転してもとの位置に戻ったら、ランディングに入りますが、慌てる必要は全くありません。元の位置に戻るあたりではスポーツカイトの回転は急激に落ち、既に止まりかかっていますから、そのまま、手を大きく前に出し、1歩でも前進すれば、スポーツカイトは容易にランディングするのです。
回り切ったところで丁寧にランディングさせれば何の問題もありません。
気を付けなければならないのは、しっかりと押しこんでいないと、スポーツカイトはランディング後にバタンと前に倒れてしまいがちです。

風がある時は、スポーツカイトは少々前傾させても前に倒れません。むしろ、ラインを曳いたら、カイトはラウンチし上昇してしまいます。
こういう時はカイトをホンの少し、4、5cm離陸させ、その瞬間に手首だけで叩くようにプル・プッシュします。トリック能力の高いカイトの場合、ホンの少しのフェイントでもカイトに充分なアクションを起させることができます。
とても速くて強い手首の叩きで、カイトは瞬間的に前につんのめった後、BackFlipします。これはかなり強めにやります。視力の悪い人では動きが見えないくらいに速くです。手を出し過ぎたり、BackFlip後の操作が遅いとこのまま縦に1回転してYoYoに入ってしまいますよ。
(そうする別の技はYoYoTakeoffといいます。別項をご参照ください。)
カイトがBackFlipした瞬間にLazySusanで横の回転を与えます。ここから後は同じです。風がある時はランディングも叩きつけるように強めに行なわないとランディング前にラウンチしてしまうので、注意が必要です。 

(Text/Video=エスク中野  VideoのカイトはMad)

ページの先頭