エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイトの飛ばし方 飛ばし方マニュアル


        SportKiteTrick 始める前に

    line.JPG (3093 バイト)

<使える道具には向き不向きがあります。>
もし、あなたがいっぱしのトリック使いになりたくてスポーツカイトの練習をするならば、まずは「トリック機能のあるスポーツカイト」を持っていることが前提です。(機能のないスポーツカイトもありますので、あなたのスポーツカイトは、ちゃんとトリックが出きるカイトであるかどうかを確かめておく必要があります。)そして、できればそのスポーツカイトは、(習得したいトリックの種類やレベルはともかくも。)出来るだけトリックがイージーな機種が望ましいです。トリックをする際、腕や手首に瞬発力を求められるので、サイズが大きなスポーツカイトだと、飛ばす人にパワーが要ります。初心者の練習には最大のサイズよりも、少し小さ目な方が楽なことは確かでしょう。(特に曳きが強いモノは避ける。)

トリック可能とされている機種でも、反応が掴み難くて難いものもあります。トリックの上達速度はスポーツカイトに負う部分が大きいので、まずは選択が重要です。トリック能力の低いスポーツカイトでもエキスパートの手にかかると、軽度なトリックは出来ますが、こういうカイトでトリックをするのは、既にトリックが出きる人が応用してこそやれるのであって、誰でも出きる訳ではありません。ということは、トリックの練習のためのスポーツカイトは何でもいい訳ではありません。もし、難しいもので始めると、意外と習得に時間がかかることもあるので、ショップに相談するか、既にスポーツカイトのトリックを習得をして、実際にやっている人に聞いてから始めるのがベストでしょう。

<初心者のミスに厳しくないものを選ぼう>
トリックを習得する近道はトリックが「イージーに出きる」スポーツカイトを持っていることです。トリックがよく出きるスポーツカイトは性能が高く、値段は高そうだと思われるかも知れませんが、決してそんなことはありません。すべての機能に対して万能的なスポーツカイトを求めるならば、それは高価でしょうが、トリックすることにだけに目的を特定すれば、低価格でも非常にトリックしやすいスポーツカイトがいくつもあります。反面、高価なスポーツカイトでも非常にトリックがし難しかったり、トリックの種類が限定されるものもあります。ストレートとターンの精度の高さに重点を置き、更に曳きが強い作りのスポーツカイトの場合は、トリック能力は概ね低いか難しいので、トリックの初心者の練習には避けたほうが無難です。

要するにトリックの練習に向いたスポーツカイトはその価格の上下ではなく、設計者の意図で最初からいいトリックをさせようとしたものと、トリック能力をついでに付け加えているものとでは全然違うのです。そんな眼でカイト選びをするといいでしょう。

次に、買ったままで使えるものを選ぶことはとても大切です。風速の変化でブライドルの糸目を少し移動する以外に何もしないで使えるものがベストです。スポーツカイトはいじることで飛行特性を様々に変化できますが、もし、いじらなければトリックできないスポーツカイトだったら知識の少ない初心者には向きません。もし、そういうスポーツカイトで練習を始めると、一体、トリックの練習をしているのか、スポーツカイトの調整をしているのかわからないような毎日になってしまいます。

<まず先にスキルありき。これが最優先。>
トリックの上達の早い人は、若干のスポーツカイトの不調を調整するために、何日も試行錯誤したりなどしません。うまく行かないのは殆どは風の調子が悪いからで、風が抜群に良ければ、よほどひどいカイトでない限り、どんなスポーツカイトでもある程度良好に飛びます。で、まずはスポーツカイトの細かいことには目を瞑り、それよりも、スキルを上げることに時間を割いてください。実際、自分のスキルが上がってくると、何でこんなことに悩んでいたのかと思うようなことがわかってきます。

年中スポーツカイトの調整ばかりする人は、結局、うまく行かない理由はスポーツカイトのせいだと思い変更します。変更するとスキルが伴わなくなり、またさわる。この繰り返しです。こういうことを楽しんでいる人もいるので、「するな」、とは言いません。しかし、トリックを早道で覚えたい人には、時間の無駄なので障害です。ある程度以上のスキルがついてからでないと、正しい調整はできるものではありません。殆どのスポーツカイトは、少しのバランス崩れくらいでも、うまい人が飛ばすと信じられないくらいうまく飛びますから、大半はスキルでどうにでもなると言っても、まあ過言じゃありません。

<改造や変更を加えるにはマダ早い。>
ということで、最初はそのまま使えるものをそのまま使いましょう。実はブライドルの糸目を変更すると、今練習中の特定のトリックがしやすくなる場合はあります。効果が出たと嬉しくなると思いますが、反面、別の技が非常にやり難くなっていても、(その人がまだその技が出来ないために)気が付きません。そして、そのスポーツカイトで、新しく上位の技の練習を始めたら、それを出来なくしているので出来ません。もとのままのブライドルでは何でも出来るいいスポーツカイトだったのに。。です。このようなことが有っても、初心者ではわからないので、あまりツツかないで、練習して欲しいのです。もしかして、いまそのようなケースに陥っているならば、一端、元に戻してやってみることも選択肢に入れるべきでしょう。

例えば、ヨーヨーさせるために過剰なバラストを積みまくっている人は、一時、ヨーヨーを諦めても、他のテクニックを練習するほうがいいのでは。 バラストを一杯積めば確かにヨーヨーは回りやすくなりますが、逆にコメットがし辛くなったり、スナップレイジーでノーズが突っ込み、裏側ににヨーヨーしたり、ロクなことはありません。バラストは積むべき正しい位置と量があり、充分なな知識があれば、改良はできますが、下手にいじると悪くなることもあるのです。少ないバラストでも、カイトの動かし方でヨーヨーに入れることはできるので、ゆっくり入るヨーヨーから練習する手もあります。勢いでやるトリックは、たまたまそのカイトでうまく勢いがつく場合があって、それはスキルでやっている訳ではなく、ただの勢いなので、他のトリックカイトでやると、出来ない可能性もあります。

<練習する種目には順序がある。>
トリックの練習を始めるには、最初の段階で始めるべきトリックがあり、それを順番に習得しなければなりません。なぜならば、トリックは難しくなるほど、その前段階で習得したスキルを使うため、そのスキルなくして上位のトリックの習得は無理なのです。よって、コメットが好きだからとしても、カスケードもスナップレイジーもできない人がコメットをいきなり習得するのは困難なことなのです。すべてが積み重ねになっているため、(一部に、例えば、フェードなどいきなり入れるものも無いことは無いですが。)忍耐強く順番に覚えることが、急がば回れ、で、習得の早道になります。

トリックでの飛ばし方が他の飛ばし方と違うところは、トリックしているスポーツカイトは、フライトラインをスラック(緩ませる)させる場面が圧倒的に多いのです。これは「一端緩めてスグに引き戻し」、を繰り返しています。ということは、スポーツカイトの位置とフライトラインを経由した自分の立ち位置が、常にドンピシャな位置関係にあらねばなりません。そうすればラインの緩め過ぎや引き戻し遅れもなく、スポーツカイトはコントロール通りにに飛びます。そのためには、手だけでなく足も使わねばなりません。(一歩前進・一歩後退などで)この立ち位置の重要性も忘れずに頭に入れておきましょう。
トリックのうまい人や上達の早い人の飛びを、横から見るチャンスがあれば判りますが、カイトを泳がせ、ラインを緩ませまくっていても、常にカイトとフライヤーの位置がライン長に一致しています。ですから、コントロールできている。

トリックはあらゆるところにコツがあり、あちこちにフェイントが入っています。よって、一人で名人のビデオ画面の解析をするよりは、既にトリックの出きる人に聞くほうが絶対に早いのでそうしてください。あなたの周りに、上手な人はいませんか。ただ、レベルの低いトリックは丁寧に教えてもらえても、レベルの高いトリックのコツは教えてもらえないかも知れません。その人も苦労してコツを覚えた以上、ということもあります。教えてもらうときは感謝とリスペクトをもって接しましょう。

<エスクで買ったカイトならばエスクの文の通りにすれば、必ずそのままに出来るはずです。>
エスクでは我々が習得したトリックのやりかたや、コツを公開しています。トリックをやりたいと思ってスポーツカイトを始める人が多いにも拘わらず、初歩の段階から壁にぶつかる人が絶えないためです。既に知りえたトリック技は秘伝にしてしまうのではなく、スポーツカイト好きの間で、広くシェアして行くべきだと考えているからです。

判りやすく書いているつもりでも、まだ判らない人もいますので、質問の多い項目については書き換えや書き加えによってより充実させて行くつもりです。手元を撮影したビデオが有れば、というご意見は非常に多いですが、私の経験から言わせていただければ、うまい人ほど手元はスムーズで、その中から、力の強弱や抜き具合が読み取れるとはとても思えません。私が初心者の頃、海外のハウツー物ビデオを見て覚えましたが、なぜ、その動きになるのかが読み取れず、非常に苦労して出来るようになりました。(日本人からは教えてもらっていません。)例えば、コメットしている手元は、ただ両手交互に引っ張っているだけにしか見えませんから。


<練習のし過ぎは怪我の元。>
トリックはパワーなり。と言ってもいいくらい瞬発力を必要とします。よほど弱風でない限り、とろーり・とろーりでは、スポーツカイトは反応しません。特に風が強めの日は、手首や肘や腰の負担は大きくなりますから、一度に長時間やると筋肉を傷めます。(私の左手は既に腱鞘炎で滅茶苦茶になってます。)よって、1時間に1回くらいの休憩は必要です。そして、その度に水分補給することが望まれます。水分はスポーツドリンクだけでなく、スポーツドリンクと水を半分ずつ給水すると吸収がいいと書物に書いてあります。また、あまりいらっしゃらないでしょうけど、6時間以上連続して練習するような人は、腕・肘・肩をアイシングすると故障を防ぐのに良いようです。私も昔は水も飲まずに6時間連続して飛ばすような無茶をやっていました。(故障した後では直りません。若くない方は特にお気を付けください。)

■ トリックは面白いのページへ。

                      (Text 中野)
Sashie-NY-340.jpg (43390 バイト)

Sasie-umi.jpg (35351 バイト)
Sasie-mad3.jpg (34194 バイト)
Sasie-O4.jpg (31720 バイト)
Sashie-Bll-150-343.jpg (35997 バイト)
Sasie-benz.jpg (39357 バイト)
sashie-bike.jpg (52214 バイト)
Sasie-tatoo.jpg (37116 バイト)
Sasie-W.jpg (37650 バイト)
Sasie-mad4.jpg (25577 バイト)
Sashie-Acro150.jpg (28328 バイト)
Sasie-chair.jpg (41134 バイト)
Sasie-scal.jpg (50728 バイト)
Sashie-Idaho150.jpg (38112 バイト)
Sasie-noparking.jpg (36385 バイト)

ページの先頭