エスク・ロゴ

スポーツカイト・ロゴ

スポーツカイト mar_137.jpg (1411 バイト)



 ■ 初心者のためのフォイルカイトの拡げ方と注意点
(4ラインのフォイル・カイト場合)

フォイル・カイトを収納バッグあるいは収納ケースから出し、
フライヤーの立つ位置よりも風下の平らな地面に拡げます。

折りたたんだカイトには多数のブライドル・ラインがついています。
このブライドル・ラインがセイルの上側に出た状態で、また
このブライドル・ラインをもつれさせないように注意して拡げてください。

Foillkite01.jpg (34186 バイト)


フォイルカイトの片面にはフォイルのセイル内に風が入るための
エアインテイクという穴がいくつもあいています。
前方に穴のあるこの方式をラムエア型といいます。
フォイル・カイトが飛ぶときはエアインテイクが前側になって飛びます。
よって、前側をフライヤーから見て向こう側にして拡げます。

Foillkite02.jpg (36017 バイト)


フォイルカイトを拡げたら、巻いているラインを出してゆきます。
一式セットのフォイル・カイトにはハンドルとラインは
既にブライドル・ラインに取り付けしてあります。
どのようにして取り付けしてあるかをじっくりと見て覚えてください。
(外した後に元に復することが出来るように。)

Foillkite03.jpg (36159 バイト)

フォイルカイトを拡げるときは、当たり前ですが、かなり風があるので、
このように拡げたセイルがめくれたり吹き飛ばされたりします。
アシスタントがいる場合は、抑えてもらうといいでしょう。
一人でやる場合はグランドバッグがあればベストです。
グランドバッグとは中に砂を入れて重石にするための布で出来た小さな袋です。
海岸の場合は砂を、冬にスノーカイトをするときは雪を入れて使います。
グランドバッグが無い場合は、カイトに砂をかけてもいいですが、
代用になるものならばナンでもいいです。手前を押さえましょう。

Foillkite04.jpg (35181 バイト)

一式セットの場合は滑り止めゴムでくるまれたハンドルに
ワインダーに4本まとめて巻いたラインが付いていますます。

すべてのラインを一杯まで出すと、このようにハンドルの上下に
それぞれのラインがついた状態になります。
ハンドルは左右を繋ぐストップがついた方を上側にして持ちます。
ラインは前側になる方がフライングラインと呼ばれ、
後ろになる方はブレーキラインと呼ばれます。
フォイルカイトのサイズによっては前後で太さの異なるラインがついています。

Foillkite05.jpg (55241 バイト)   Foillkite06.jpg (56387 バイト)

リーシュ付きカイトキラーが付いている場合はカイトキラーを取り付けます。
ベルクロが付いている方を手首に巻き付けます。
ゴム紐の付いている方はハンドルに取り付けます。


もし、フォイルカイトの曳きに耐えられなくなった時や、
引き摺られて転んだときは片方のハンドルだけを放してください。
カイトは左右のラインが有ってこそ飛びますがカイトキラーが機能して墜落します。
リーシュが付いていれば、カイトが飛び去ることなく、あなたの手に繋がれています。
リーシュ付きカイトキラーは安全のために必ずお使いください。

カイトのコントロール性能を調整するには、
ハンドルの下側についているラインのコブ位置を結びなおして行います。
これにより、カイトの風に対する迎角が変ります。
4ラインが初めてで、最初は2ライン的に機能させたい場合は
ここをシッカリ出した(つまり最大に長い)状態で飛ばします。
4ラインの機能をシッカリ出したい場合は
ここのコブを結び直して、少し短いセッティングにしますが、
調整は少しずつ段階的に行ってください。
ブレーキラインがしっかりと効いているとフォイルカイトは前後左右
自由自在に激しく動き、ターンの回転半径も小さくなります。
しかし、最初はブレーキラインが効きすぎていない方が
曳きも楽です。体力と技量に合わせて調整してください。

Foillkite07.jpg (39966 バイト)    Foillkite08.jpg (40289 バイト)
ハンドルのタイプにより上の写真とは若干異なります。

フォイル・カイトを飛ばした後は、ここまでの説明の逆を行って、
フォイル・カイトをきれいにたたみ、収納ケースにしまいます。
注意すべきは、ラインは4本もあって、とても絡みやすいことです。
丁寧に巻いて、次のフライトの際に困らないようにしておきましょう。
泥や砂も落としておき、また濡れた場合は拭いてしまいます。。
もし、ひとまとめにダンゴにしたり、雑なたたみ方で、濡れたままだと
次回に困るだけでなく、耐久性が大幅に低下します。

カイトのフライトラインは使っていると伸びが出て長さが変化します。
定期的に左右の長さが一致しているかもチェックしてください。

Foillkite09.jpg (38090 バイト)


* 2ラインのフォイル・カイイトの場合は、
ハンドルをストラップとして考えて、この説明文を応用してください。

                                      ページの先頭